三陽陸運ホームページ リサイクル事業> 軽量ガラス発泡材土木建築
リサイクル事業イメージ

軽量ガラス発泡材土木建築

当社施工事例

◆軟弱地盤上軽量盛土材
◆構造物と道路の段差修正(橋、ボックスカルバート等)
◆擁壁・テールアルメ・テンサー等側圧軽減軽量裏込め材
◆地下構造物保護、土圧軽減軽量盛土材
◆かさ上げ材
◆橋台裏込め材
◆他軽量材と組合せ

総納品数(平成29年11月現在)
64個所  38,140m³

軽量ガラス発泡材S2(軽量盛土材)材料特性

材料主成分 SiO2:70.37%、Na2O:12.92%、CaO:10.91%、Al2O3:2.22%、K2O:1.02%
単体 比重:0.4〜0.5
粒径:75o以下(主に30〜50o)
1軸圧縮強さ:30〜40sf/m²
締固め時 乾燥密度:3〜4KN/m³
三軸圧縮強さ:Φ30°以上
CBR値:17.7%
透水係数:3×10-2〜1×100p/s

締固め密度
(乾燥密度)ρd(t/m³)

設 計 定 数

敷均し厚さ:30cm時の転圧回数

湿潤密度
ρt(t/m³)

粘着力
Cd(kN/m²)

せん断抵抗角
φd(°)

許容支持力
qa(kN/m²)

4ton級
無振動ローラー

1ton級
振動ローラー

0.30

0.45

0

30

98

3

4

0.35

0.55

137

6

0.40

0.60

176

10

締固め前混合割合(容積比)
軽量ガラス発泡材:土

土の密度(締固め後)
16kN/m³(変化率1.1)

土の密度(締固め後)
18kN/m³(変化率1.1)

土の密度(締固め後)
20kN/m³(変化率1.1)

1:0.25

8.47kN/m³

9.00kN/m³

9.53kN/m³

1:0.50

10.05kN/m³

10.89kN/m³

11.73kN/m³

1:1.00

11.81kN/m³

12.99kN/m³

14.17kN/m³

矢印 矢印
大型構造物全景   大型構造物内の歩道部分を軽量化するため、軽量ガラス発泡材を使用   軽量ガラス発泡材敷均、転圧

高速自動車道段差修正

矢印 矢印
置換路床掘削   高速道路の地盤が軟弱、構造物(橋)の取付部に段差が生じるため、路床の置き換えを実施   軽量ガラス発泡材敷均、転圧

EPS工法と組合せ

矢印 矢印
EPS工法終了、全景   EPS工法では段差が出来るため 段差解消・軽量化を保つ意味で軽量ガラス発泡材を使用   軽量ガラス発泡材敷均、転圧

擁壁・橋台・テールアルメ・テンサー裏込め

矢印 矢印
擁壁外観   既設の切土に盛土の必要が有り盛土の軽量化、擁壁の土圧低減のため軽量ガラス発泡材を使用   軽量ガラス発泡材投入、敷均し
矢印 矢印
掘削軽量ガラス発泡材敷均し   テールアルメ下層の軟弱地盤の対策として軽量ガラス発泡材を使用   完   成
矢印 矢印
混合土、軽量ガラス発泡材:土=1:0.5   中越地震で道路が地すべり、テンサーと軽量ガラス発泡材混合土を使用   完成間近
矢印 矢印
上部軽量ガラス発泡材投入   橋台裏込め材   単位体積重量測定、砂置換

地下構造物保護(土圧軽減)

矢印 矢印
軽量ガラス発泡材搬入   地下駐車場の天版保護のため、軽量化・排水基盤材として、また築山の自由デザインを考慮   軽量ガラス発泡材敷均し
       
       
    工事完成2年後    

プラットホーム嵩上げ

矢印 矢印
アスファルト敷設   電車のバリアフリー化に伴い、高架式プラットホームのかさ上げが要求され、軽量ガラス発泡材に直接アスファルトを敷設   高架式プラットホームかさ上げ完成
イプロスの掲載ページはこちらから

| HOME | 運送事業 | リサイクル事業 | 会社案内 | お問い合せ |

Copyright Sanyou Rikuun Inc. c 2014 All RIghts Reserved.